ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アナフィラキシーショック

  • アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショック

  • 光畑裕正/編集 光畑 裕正(ミツハタ ヒロマサ)
    順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター麻酔科・ペインクリニック講座

  • シリーズ名
    FOR PROFESSIONAL ANESTHESIOLOGISTS
  • ISBN
    978-4-7719-0344-9
  • 発売日
    2008年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

8,400 (税込:9,072

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アナフィラキシーショックは全ての医師が的確な診断・治療を行わなければならない急性期疾患である。発症機序から原因薬物・抗原の特徴、さらには裁判例も呈示し詳解する。
目次
【基礎編】 1.アナフィラキシーショックの病態:免疫学 2.アナフィラキシーショックの病態:生理学 3.アナフィラキシーと自律神経系 【臨床編】 1.発症頻度および疫学 2.アナフィラキシーの臨床診断 3.アナフィラキシー時の心機能 4.アナフィラキシー時の末梢循環,血行動態および各種臓器の血流 5.アナフィラキシーショック時の化学伝達物質の測定-トリプターゼ測定の意義- 6.確定診断のためのin vivo の検査法 7.確定診断のためのin vitro の検査法 8.治 療 9.小児のアナフィラキシーショック 10.局所麻酔薬によるアナフィラキシー 11.筋弛緩薬によるアナフィラキシー 12.放射線造影剤によるアナフィラキシー 13.抗生物質によるアナフィラキシー 14.ラテックスアレルギー 15.手術室でのラテックスアレルギーの対応 16.特発性アナフィラキシー 17.アナフィラキシーの病理的所見 18.アナフィラキシーと民事訴訟

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • アナフィラキシーショック
  • アナフィラキシーショック

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中