ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男

拡大

  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男

許永中 日本の闇を背負い続けた男

  • 森功/著 森 功(モリ イサオ)
    1961年、福岡県生まれ。岡山大学文学部(仏語・仏文学専攻)卒業。新潮社勤務などを経てノンフィクション作家となる。2008年、「月刊現代」の連載「ヤメ検―司法に巣くう生態系の研究」が、第一四回雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞

  • ページ数
    364p
  • ISBN
    978-4-06-215167-2
  • 発売日
    2008年12月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 封印されていた原稿が、ついに白日の下に! 獄中の許永中と幾多の面接と往復書簡を交わしたあと、大阪・中津から始めた取材。政治家、ヤクザ、企業舎弟、フィクサーたちを取材して得た許永中の実像とは!?
目次
第1章 差別とスラムからの脱出
第2章 アンダーグラウンドの世界
第3章 政商との出会い
第4章 大物フィクサーとして
第5章 竹下登とイトマン事件
第6章 逃亡
第7章 日本の宿痾

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

獄中の許永中と面接と往復書簡を交わしたあと、大阪・中津から始めた取材。政治家、ヤクザ、企業舎弟たちを取材して得た実像とは。

ページの先頭へ

閉じる

  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男

拡大

  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中