ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 老骨は朽ちず

  • 老骨は朽ちず

老骨は朽ちず

  • 野々村誠/著 野々村 誠(ノノムラ マコト)
    1922年1月3日東京生れ。立教大学文学部予科中退。昭和18年、暴戻非情な初年兵教育を満州孫呉で受ける。同年6月、中支戦線(南京、九江、武昌)へ転属。同22年に内地復員を果す。昭和23年10月、「花書房」を設立、初版に村岡花子のエッセイ「心の饗宴」ほかを上梓するも、おりからのパチンコブームの発芽に刺戟され、業界紙誌の発刊へシフト、現在に至る。その間には一時、メーカーの(株)平和企画宣伝部(昭和34年~昭和38年)を経たのち、(株)アド・サークルを設立(昭和38年8月)

  • ページ数
    287p
  • ISBN
    978-4-87302-430-1
  • 発売日
    2009年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 青年期における家門への反発、色濃い軍国主義への無力感、戦後混乱期のカストリ雑誌との関与、そしてパチンコ業界誌創刊など、奔放に行き抜いた著者の波乱万丈の半生を軽妙なる筆致で書き出す懺悔録。
目次
老骨は朽ちず(眷族が見すえる私のゆくえ
家門へ背きつづけたわが青春
仮想敵国ソ連との対峙も
五年ごしの内地復員 ほか)
エッセイ(高らかに民族讃歌
換金追認で、どうかわる九五年パチンコ
いたみを分ける勇断に期待
老いのたわ言 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

華麗なる家門にて育ちつつも反骨の精神で生き抜き、戦後カストリ雑誌の創生期に関わり、後にパチンコ業界誌を立ち上げた風雲児の半生。

ページの先頭へ

閉じる

  • 老骨は朽ちず
  • 老骨は朽ちず

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中