ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 疎開・空襲・愛 母の遺した書簡集

  • 疎開・空襲・愛 母の遺した書簡集

ポイント倍率

疎開・空襲・愛 母の遺した書簡集

  • 松尾光/編著 松尾 光(マツオ ヒカル)
    1948年、東京都新宿区生まれ。学習院大学大学院(史学専攻)博士課程単位修了。博士(史学)。日本古代史専攻。神奈川学園中学高校教諭・高岡市万葉歴史館主任研究員・姫路文学館学芸課長・奈良県万葉文化振興財団万葉古代学研究所副所長をへて、早稲田大学・鶴見大学非常勤講師

  • ページ数
    317p
  • ISBN
    978-4-305-70396-5
  • 発売日
    2008年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国文学者・松尾聰の妻、八洲子が保管してきた、大戦中に交わされた、七十九通の書簡。苛酷な生活と死の恐怖が庶民の生活現場から克明に語られる。
目次
戦争はもう二度としないで
第1章 母子の白鳥疎開
第2章 来る日も来る日も代用食
第3章 父の遺言書
第4章 長男の学童疎開と母の懐妊
第5章 蔵王への疎開を引率
第6章 戦争終結―引き続く食糧難、そして家族の集合
第7章 旅の終わり―昭和寮から青山へ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

或る家族の戦時下の記録。国文学者・松尾聡の妻八洲子の書簡79通。苛酷な生活と死の恐怖が庶民の生活現場から克明に語られる。

ページの先頭へ

閉じる

  • 疎開・空襲・愛 母の遺した書簡集
  • 疎開・空襲・愛 母の遺した書簡集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中