ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 懐旧九十年 燃える魂の告白

  • 懐旧九十年 燃える魂の告白

懐旧九十年 燃える魂の告白

  • 庭山慶一郎/著 庭山 慶一郎(ニワヤマ ケイイチロウ)
    1917年大阪市に生まれる。1941年東京帝国大学法学部卒業、大蔵省入省。銀行局検査部長、日銀政策委員などを歴任し、1967年に退官。1957~91年明治大学法学部講師。1967~71年中小企業金融公庫理事。1970~91年東京証券取引所政策委員。1971年日本住宅金融株式会社社長就任。1981年「土光臨調」参与。1992年同社長退任。中国古典研究家

  • ページ数
    517p
  • ISBN
    978-4-620-90686-7
  • 発売日
    2008年12月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本現代史の裏側を映し出す元大蔵官僚の自分史。住専社長時代に苦渋をのまされた怒りは卒寿を過ぎてなお燃えたぎる。
目次
日本画家 父・庭山耕園の生涯
わたしの生い立ちと修業時代
無条件降伏への道
東大法学部
断末魔の時代
原爆に遭う
「四等国」から再出発
資本市場の改革
結核療養と其の後
「増税なき財政再建」の提唱
日本住宅金融株式会社の創業と発展
社長退任と日住金の終結
わたしの楽しみ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

大蔵省退官後に「日本住宅金融」社長に就任。だが「総量規制」などによって営業を終結し、道義的責任から1億2000万円の私財を投じた著者。国の失政に元大物官僚の怒りは卒寿を過ぎてなお燃えたぎる。池田勇人や日本経済を牽引した企業人らとの交流など、そのまま昭和の日本を映し出す、圧巻の自分史。

ページの先頭へ

閉じる

  • 懐旧九十年 燃える魂の告白
  • 懐旧九十年 燃える魂の告白

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中