ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 幕末のフランス外交官 初代駐日公使ベルクール

  • 幕末のフランス外交官 初代駐日公使ベルクール

幕末のフランス外交官 初代駐日公使ベルクール

日仏交流150周年記念出版。

  • シリーズ名
    人と文化の探究 3
  • ページ数
    361,3p
  • ISBN
    978-4-623-05182-3
  • 発売日
    2008年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,000 (税込:7,560

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ペリー来航以降、次々と日本にやってきた西洋諸国の代表は、幕府側といかなる交渉をし、また日本をどのように見ていたのか。本書では、江戸末期の幕府当局を間近に観察できる特別の立場にいた、初代駐日フランス公使ギュスターヴ・デュシェーヌ・ド・ベルクールの外交書簡を読み解く。日仏交流百五十周年記念出版。
目次
第1章 日仏修好通商条約―一八五八~一八五九年(初代駐日公使ベルクールの着任
条約締結時の日本 ほか)
第2章 条約不履行―一八五九~一八六二年(外国人の安全
米国公使館員ヒュースケン殺害事件 ほか)
第3章 攘夷論猖獗と開港・開市延期交渉―一八六二~一八六三年(日仏約定書署名
将軍後見役の任命 ほか)
第4章 イギリスの最後通牒と外国人退去令―一八六三年(イギリスの最後通牒
一触即発の危機 ほか)
第5章 小笠原「率兵上京」と横浜鎖港―一八六三~一八六四年(傭船問題
下関海峡封鎖 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Le premier trait〓 franco‐japonais

商品のおすすめ

ペリー来航以降、次々と日本にやってきた西洋諸国の代表は、幕府側といかなる交渉をし、また日本をどのように見ていたのか。本書では、江戸末期の幕府当局を間近に観察できる特別の立場にいた、初代駐日フランス公使ギュスターヴ・デュシェーヌ・ド・ベルクールの外交書簡を読み解く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 幕末のフランス外交官 初代駐日公使ベルクール
  • 幕末のフランス外交官 初代駐日公使ベルクール

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中