ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 聖夜が終わるとき

  • 聖夜が終わるとき

聖夜が終わるとき

  • ヘザー・グレアム/著 宮崎真紀/訳 グレアム,ヘザー(Graham,Heather)
    情熱的なロマンスとスリリングなサスペンスの名手として名高い、世界的ベストセラー作家。歴史物やパラノーマル作品にも積極的に取り組み、100冊にも及ぶ著作はおよそ20カ国語に翻訳されている。数々の受賞歴を誇り、雑誌やテレビの世界でも活躍するなど、名実ともに人気を得ている作家である。南フロリダに暮らしている

    宮崎 真紀(ミヤザキ マキ)
    英米文学・スペイン文学翻訳家。東京外国語大学スペイン語学科卒

  • シリーズ名
    〔MIRA文庫〕 HG01-19
  • ページ数
    316p
  • ISBN
    978-4-596-91329-6
  • 発売日
    2008年12月

762 (税込:823

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • クリスマス・イブの吹雪の夜。オボイル家が穏やかな団欒のひとときを過ごしていると、チャイムの音が鳴り響いた。偶然、二階の部屋にいたキャットは、家族が見知らぬ二人の男を招き入れるのを階上から眺めていた。彼らは車が雪にはまって立ち往生したらしい。キャットが妙な胸騒ぎを覚えた瞬間、男は銃を取り出した。強盗だ―彼らは雪がやむのを待って逃げるつもりだ。私たちを殺して。見つからないうちに別荘を抜け出したキャットは、犯人の車で倒れている一人の男を見つけた。クレイグ!私の昔の恋人がなぜここにいるの。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:The last Noel
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 聖夜が終わるとき
  • 聖夜が終わるとき

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中