ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 闇のオディッセー

  • 闇のオディッセー

闇のオディッセー

  • ジョルジュ・シムノン/著 長島良三/訳 シムノン,ジョルジュ(Simenon,Georges)
    1903‐1989。フランスの小説家。ベルギーのリエージュの貧しい家庭に生まれる。十五歳で学校をやめ、パン屋、本屋などに勤めた後に十六歳で地方紙の記者になり、十八歳で処女作『めがね橋で』を発表して作家デビュー。二十六歳で発表した『怪盗レトン』からはじまる「メグレ警視シリーズ」は八十四篇を数え、各国語に翻訳されて世界的な名声を博す

    長島 良三(ナガシマ リョウゾウ)
    フランス文学翻訳家。1936年東京生まれ。明治大学仏文科卒業。早川書房編集部を経て翻訳家に

  • シリーズ名
    シムノン本格小説選
  • ISBN
    978-4-309-20508-3
  • 発売日
    2008年11月

1,600 (税込:1,760

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 闇の彼方から男を駆り立てる脅迫の言葉が届く。彼はすべてを捨てて、拳銃を手に夜の街に出る。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:L’ours en peluche
対象年齢 一般

商品のおすすめ

パリ十六区の高級住宅地に居を構える裕福な産婦人科医・パリ大学教授のジャン・シャボは、一見、家族や同僚、仕事や社会的身分に恵まれ、妻公認の愛人もいて、何不自由のない四十九歳の働き盛りと誰もが羨む男だ。しかし内実は三人の子供と妻には裏切られ、母には疎まれ、妻の実家からは屈辱的な干渉に逢い、医療過誤の恐怖に怯え、心身ともに深く傷ついた内面を密かに抱えている。唯一心を解放できたブロンドでバラ色の肌の少女〈熊のぬいぐるみ〉との密やかな交情も、秘書の手で奪われ、その後セーヌに身投げした少女に関係する匿名の男の脅迫に追いつめられていく。ある夜、死を覚悟したジャンは、拳銃をポケットにしのばせて、パリの街へ絶望の地獄巡りに出かける…。ジッド、モーリアック、アナイス・ニンが絶賛したシムノンの「本格小説」の絶品。

ページの先頭へ

閉じる

  • 闇のオディッセー
  • 闇のオディッセー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中