ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 名犬ランドルフ、スパイになる

  • 名犬ランドルフ、スパイになる

名犬ランドルフ、スパイになる

  • J.F.イングラート/著 立石光子/訳 イングラート,J.F.(Englert,J.F.)
    フィクション、ノンフィクション両分野の本や脚本を手がける作家。妻、娘とともにマンハッタンに暮らす

    立石 光子(タテイシ ミツコ)
    大阪外国語大学英語科卒。英米文学翻訳家

  • シリーズ名
    〔ランダムハウス講談社文庫〕 イ2-2 黒ラブ探偵 2
  • ページ数
    335p
  • ISBN
    978-4-270-10265-7
  • 発売日
    2009年01月

800 (税込:864

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 元ご主人様のイモージェンが失踪してから、早一年。とんでもないニュースが入ってきた。ある下宿屋で男性が殺され、その犯人がイモージェンではないかというのだ。でもこれは、巨大な鉱山を相続する彼女をおとしいれようと、各国のスパイが仕掛けた巧妙な罠!?真相を探るため、外交官のセラピー犬として事件現場へ潜りこんだ黒ラブのランドルフ。だが目前で、またもや殺人事件が起こり…。スパイVSスパイ犬、頭脳戦の軍配はどちらに!?シリーズ第二弾。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:A dog among diplomats
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 名犬ランドルフ、スパイになる
  • 名犬ランドルフ、スパイになる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中