ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 社会国家を生きる 20世紀ドイツにおける国家・共同性・個人

  • 社会国家を生きる 20世紀ドイツにおける国家・共同性・個人

社会国家を生きる 20世紀ドイツにおける国家・共同性・個人

  • 川越修/編著 辻英史/編著 川越 修(カワゴエ オサム)
    1947年生まれ。現在、同志社大学経済学部教授。専攻は、近現代ドイツ社会史

    辻 英史(ツジ ヒデタカ)
    1971年生まれ。現在、東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻教務補佐。専攻は、ドイツ近代史

  • シリーズ名
    サピエンティア 03
  • ISBN
    978-4-588-60303-7
  • 発売日
    2008年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,960

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 19世紀末から現在に続くドイツ型福祉国家である社会国家の発展を,社会保障の対象とされる人びとの包摂と排除という往復運動のなかに見いだし多角的に分析する。
目次
社会国家の世紀
第1部 生成する社会国家(社会改革のための合意形成―アドルフ・ダマシュケとドイツ土地改革者同盟の挑戦
子どもの病気をめぐる「社会的不平等」―世紀転換期ハンブルクを事例として
第4章 誰が年金をもらうべきか―遺族保険(一九一一年)導入時の議論にみるジェンダー・世代・階層)
第2部 制度としての社会国家(社会のなかの「戦争障害者」―第一次世界大戦の傷跡
「詐病」への意志?―「災害神経症」をめぐる“知”のせめぎあい
「家族の強化」とソーシャルワーク―マリー・バウムの「家族保護」構想から)
第3部 模索する社会国家(私のおなかは社会のもの?―一九七〇年代の妊娠中絶法改正にみるポリティクス
一九七〇年代後半における若者と西ドイツ社会国家―連邦議会の討論を中心に)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

商品のおすすめ

ドイツ型福祉国家である社会国家の発展を、社会保障の対象とされる人びとの包摂と排除という往復運動のなかに見いだし多角的に分析。

ページの先頭へ

閉じる

  • 社会国家を生きる 20世紀ドイツにおける国家・共同性・個人
  • 社会国家を生きる 20世紀ドイツにおける国家・共同性・個人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中