ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人間の運命

  • 人間の運命

人間の運命

  • ショーロホフ/〔著〕 米川正夫/訳 漆原隆子/訳 ショーロホフ(Шолохов,Михаил Александрович)
    1905‐1984。ロシアを代表する作家。南ロシアのドン地方の商人家庭に生まれる。中学生時代にロシア革命が起こり、のちに赤衛軍の食糧徴発部隊員として働く。1922年にはモスクワに出て肉体労働に従事。24年「ほくろ」で文壇デビュー後、短編集『ドン物語』『るり色の曠野』を刊行。その後帰郷し、そこで執筆を続けた。ロシア文学の最高傑作・大長編『静かなドン』でスターリン賞受賞。65年にノーベル文学賞受賞

  • シリーズ名
    角川文庫 シ27-1
  • ページ数
    188p
  • ISBN
    978-4-04-210313-4
  • 発売日
    2008年11月

476 (税込:514

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ロシアの孤児アンドレイは、貧しくも愛する家族と幸福を築いていたが、第2次世界大戦に出征中にドイツ軍の捕虜となり、長く過酷な収容生活を送る。そして脱出後に知った妻と子供達の死。全てを失い深い絶望の中で流浪のトラック運転士となった彼は、ある日1人の幼い戦争孤児に出会い…。1人の人間の小さな幸福、戦争による絶望、それを救う大きな人間を描いた表題作他、ノーベル文学賞作家による短編5編。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
対象年齢 一般
版数 改版

ページの先頭へ

閉じる

  • 人間の運命
  • 人間の運命

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中