ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 振りかえれば日本一 阿賀野川水運の要衝から道の要衝に発展させた四十一年

  • 振りかえれば日本一 阿賀野川水運の要衝から道の要衝に発展させた四十一年

振りかえれば日本一 阿賀野川水運の要衝から道の要衝に発展させた四十一年

  • 本田富雄/著 本田 富雄(ホンダ トミオ)
    1921年新潟県に生まれる。1967年から新潟県旧安田町長を連続10期務め、2004年「平成の市町村合併」で誕生した阿賀野市では初代市長に就任、通算41年の首長生活、“全国最高齢首長”のレコードを残し、2008年4月に退任した。町長就任直後の67年8月、町内で7人が死亡した「羽越水害」に遭遇、「住民の生命を守れない行政ではだめだ」と大自然の脅威を克服するインフラ整備に取り組んだ。阿賀野川水運で発展した歴史をもつ故郷を、通運環境の進歩に合わせ、陸上交通の要衝にしたいと奔走。現職時代は「道路の本田」とも呼ばれた。合併後の市政運営では、厳しい財政事情の中「幸福人口の倍増」を重点に掲げ、医師不足問題や高齢福祉対策に取り組んだ。2008年11月、『旭日中綬章』を受章

  • ページ数
    429p
  • ISBN
    978-4-87499-718-5
  • 発売日
    2008年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 新潟県安田町長、そして阿賀野市長としてリーダーシップを発揮してきた著者。そのエネルギッシュな人生を支え続けてきたものは、何だったのか?市民の皆さんや、今は亡き戦友、多くの政治家、八・二八羽越大水害の尊い七柱への鎮魂。ふるさと復興の為に流した汗は、次世代人に贈る貴重なメッセージである。
目次
ふるさとの「春夏秋冬」
天に星、地に花、人に愛
第1章 振りかえれば日本一(大陸への夢・訪問インタビュー1
現在に最善を尽くせ・訪問インタビュー2
失意と決意・訪問インタビュー3
心を一つに咲かせる花
風水のまち・やすだ
ありがとう安田町、そして阿賀野市へ)
第2章 シベリアを視察して
第3章 中国再び
第4章 ガ島慰霊の旅を終えて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 振りかえれば日本一 阿賀野川水運の要衝から道の要衝に発展させた四十一年
  • 振りかえれば日本一 阿賀野川水運の要衝から道の要衝に発展させた四十一年

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中