ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 真理の場所/真理の名前

  • 真理の場所/真理の名前

真理の場所/真理の名前

  • エティエンヌ・バリバール/著 堅田研一/訳 沢里岳史/訳 バリバール,エティエンヌ(Balibar,Etienne)
    1942年生まれの現代フランスの哲学者。1960年から5年間高等師範学校に学び、師のルイ・アルチュセールに出会う。1965年『資本論を読む』をアルチュセールと共同執筆する。当時20代前半の若さであった。1968年からパリ第一大学で助手・講師・助教授をつとめ、94年からはパリ第十大学(ナンテール校)の教授として政治哲学・道徳哲学を担当している。マルクスとマルクス主義の研究分野で造詣が深く、アルチュセール亡きあと国際的に最も注目されている哲学者のひとり

    堅田 研一(カタダ ケンイチ)
    1962年生まれ。早稲田大学大学院法学研究科博士課程(法哲学)満期退学。現在愛知学院大学法学部准教授

    澤里 岳史(サワサト タケシ)
    1968年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程(哲学)満期退学。現在早稲田大学文学学術院講師

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 899
  • ISBN
    978-4-588-00899-3
  • 発売日
    2008年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • イデオロギーを非真理として排除してきた従来の真理概念を再考し,真理と非真理の共存を可能にするデモクラシー主義的な政治体制を構想するバリバール哲学の精髄。
目次
第1章 真理の制定―ホッブズとスピノザ
第2章 真理の場所/真理の名前
第3章 切断と改鋳―イデオロギーにおける諸科学の真理効果
第4章 真なるもののうちにある?―ジョルジュ・カンギレムの哲学における科学と真理

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Lieux et noms de la v〓rit〓
対象年齢 一般

商品のおすすめ

イデオロギーを非真理として排除してきた従来の真理概念を再考し、真理と非真理との共存を可能にする政治体制を構想する思考の精髄。

ページの先頭へ

閉じる

  • 真理の場所/真理の名前
  • 真理の場所/真理の名前

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中