ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どもの最貧国・日本 学力・心身・社会におよぶ諸影響

  • 子どもの最貧国・日本 学力・心身・社会におよぶ諸影響

子どもの最貧国・日本 学力・心身・社会におよぶ諸影響

  • 山野良一/著 山野 良一(ヤマノ リョウイチ)
    1960年北九州市生まれ。北海道大学経済学部卒業後、神奈川県に入庁(福祉専門職)。現在、神奈川県内の児童相談所勤務(児童福祉司)。2005年から’07年にかけて、米国ワシントン大学ソーシャルワーク学部修士課程に在籍し、児童保護局などでインターンとして働く。ソーシャルワーク修士(MSW)。全国児童相談研究会(児相研)、日本子ども虐待防止学会、貧困研究会、全米ソーシャルワーカー協会(NASW)などの会員

  • シリーズ名
    光文社新書 367
  • ISBN
    978-4-334-03470-2
  • 発売日
    2008年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

820 (税込:886

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 家賃を払えず、児童養護施設に預けられる3歳のミヤと4歳のシン。生活保護の申請を受理してもらえず、給食の時間までぐっとお腹が鳴るのを堪える小2のタクヤ…今や7人に1人の児童が経済的に困窮しており、ひとり親家庭はOECD諸国中で最貧困である。日本は、アメリカと並ぶ最低水準の福祉となってしまった。しかも、日本だけが事実を無視し、対策を取らず、貧困の子どもたちを社会的にネグレクトしている。本書は、この問題に対して私たちの認識を研ぎ澄ますために書かれたものだ。日米の児童福祉の現場経験をふまえ、理論・歴史・統計などの多角的な視座で実態を検証し、解決策を考える。
目次
1 概論(貧困化の著しい日本の子どもたち
なぜ子どもたちは貧困に陥ったのか?)
2 現実(学力格差と児童虐待
脳・身体・こころへの影響
貧困が子どもたちを蝕むプロセス)
3 対策(生活保護と児童養護施設はいま?
各国の貧困対策に学ぶ)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 子どもの最貧国・日本 学力・心身・社会におよぶ諸影響
  • 子どもの最貧国・日本 学力・心身・社会におよぶ諸影響

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中