ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • カメハメハ大王 ハワイの神話と歴史

  • カメハメハ大王 ハワイの神話と歴史

カメハメハ大王 ハワイの神話と歴史

  • 後藤明/著 後藤 明(ゴトウ アキラ)
    南山大学人文学部人類文化学科教授。ハワイ大学Ph.D.。専攻は文化人類学・民族考古学。研究テーマは海洋人類学。現在、カヌー文化ルネッサンス活動に携わる

  • ページ数
    179p
  • ISBN
    978-4-585-05376-7
  • 発売日
    2008年10月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ハワイの神話に登場する創世神クムリポ、火の女神ペレをはじめ多彩な神々。それらに対する崇拝と畏怖は人々の暮らしと密着し、神話はまさに神と人とが織りなす文化の源であった。カメハメハ大王(カメハメハ一世)は、ハワイ諸島を初めて統一して一八一〇年にハワイ王国を建てた初代国王。「カ・メハメハ」はハワイ語で「孤独な人」「静かな人」を意味する。ハワイ統一の戦いでは、巧みな外交手腕を発揮して欧米と交渉することで技術と軍事力において優位に立ち、ハワイ王国の成立を成し遂げ独立を守り、伝統の維持と近代化のバランスを保って、王国の繁栄に貢献した。その功績と圧倒的なカリスマ性から後世「大王」と呼ばれ、現在に至るまでハワイ人の尊敬を集めている。
目次
第1章 ハワイの神々と人間
第2章 クックの来訪と死
第3章 バンクーバーの来訪とカメハメハの台頭
第4章 カメハメハの統一とハワイに到来した日本人
第5章 十九世紀初頭のホノルル―カメハメハと同時代を生きた外国人
第6章 ハワイ王国の末路
第7章 歴史が出会うとき―日系移民史の綴るハワイ王国の興亡

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • カメハメハ大王 ハワイの神話と歴史
  • カメハメハ大王 ハワイの神話と歴史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中