ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本文化の空間学

  • 日本文化の空間学

日本文化の空間学

  • 桑子敏雄/編 桑子 敏雄(クワコ トシオ)
    1951年生まれ、東京工業大学大学院社会理工学研究科教授。研究テーマ、日本・東洋・西洋の思想をもとに、環境・生命・情報などの問題にかかわる価値の対立・紛争を分析し、合意形成プロセスの理論的基礎を明らかにするための研究を行っている。実践面では、川づくりや地域づくりでの住民と行政、住民どうし、行政機関どうしの間の話し合いの設計、運営、進行を行いながら、参加型合意形成プロセスを含むプロジェクト・マネジメントの研究を行っている

  • シリーズ名
    未来を拓く人文・社会科学 12
  • ISBN
    978-4-88713-860-5
  • 発売日
    2008年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 風土が抱く価値構造の新たな認識と展開へ数値的・経済的地域把握を超えた、国土空間認識の理念と方法。伝承された知を媒介に、自然再生と新たな地域づくりを目指す。
目次
第1部 方法としての空間学(方法としての空間学
「游歩謀讃」としてのフィールドワークショップ―創発的方法の空間学のすすめ方
スケッチ道場へようこそ―記憶・伝達の手法としてのスケッチ術入門
日本の川と風土
サスティナブルな地球環境デザインの作法と技法
山・川・海をつなぐ水陸両用の神々と水の技術
地域づくりと実践的学問―地域ネットワークの継承と再生を目指して)
第2部 空間構造を読み解く「龍宮からの贈り物」―環有明海の地域づくりに向けて(佐賀平野の空間構築―ふるさとの見分け方と住民合意
佐賀の水と景観
嘉瀬川石井樋の再生―空間構造を読み解く
有明海の龍宮から佐賀平野を見る
佐賀平野と「ふるさとの見分け方」)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本文化の空間学
  • 日本文化の空間学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中