ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「対テロ戦争」の時代の平和構築 過去からの視点、未来への展望

  • 「対テロ戦争」の時代の平和構築 過去からの視点、未来への展望

「対テロ戦争」の時代の平和構築 過去からの視点、未来への展望

  • 黒木英充/編 黒木 英充(クロキ ヒデミツ)
    1961年生まれ、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・教授。研究テーマ:シリア・レバノン地域の19世紀の歴史を、ムスリムとキリスト教徒・ユダヤ教徒との社会関係の変化に焦点を当てて研究している。現在、レバノンにある「中東研究日本センター」のセンター長を兼ね、東京とベイルートの間を往復している

  • シリーズ名
    未来を拓く人文・社会科学 10
  • ISBN
    978-4-88713-857-5
  • 発売日
    2008年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「対テロ戦争」という命題が孕む錯誤と危険性。中東、バルカン、アフリカはじめ、繰り返される「大虐殺」の事例に学び、その予防策と「人間の安全保障」のあり方を総合的に追求する。
目次
第1章 「対テロ戦争」の克服と平和構築
第2章 ジェノサイドへのアプローチ―歴史学的比較研究の視点から
第3章 歴史と現在―「アルメニア人虐殺」の場合
第4章 アゼルバイジャンにおけるジェノサイドをめぐる負の連鎖
第5章 バルカンにおける負の連鎖―ボスニア内戦を中心に
第6章 カンボジアの大量虐殺―民族解放闘争の帰結
第7章 ルワンダのジェノサイド―その起源と殺戮の主体をめぐって
第8章 イスラエルによるレバノン攻撃とその影響―国内・地域的な視点から
第9章 ヒズブッラーを支持する「イスラエル市民」たち―アラブ人市民のエスニシティ
第10章 アメリカの対外介入―歴史的概観

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「対テロ戦争」の時代の平和構築 過去からの視点、未来への展望
  • 「対テロ戦争」の時代の平和構築 過去からの視点、未来への展望

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中