ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 契約実務と法 リスク分析を通して

  • 契約実務と法 リスク分析を通して

契約実務と法 リスク分析を通して

  • シリーズ名
    Legal Seminar
  • ページ数
    426p
  • ISBN
    978-4-474-02403-8
  • 発売日
    2008年09月

2,800 (税込:3,024

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 具体的な契約事例から想定されるリスクを理論化し、リスク回避・紛争予防を目的とした契約書作成方法を掲載。契約上の法的な問題点を抽出し、契約書で適切に表現する能力の育成に役立つ一冊。
    <本書の特色>
    ★特色1
    「具体的な契約事例からリスク分析を行い、リスクヘッジのためのルール作りをする」という点で、条項の集積と説明に終始している解説書型の類書とは決定的に異なります。

    ★特色2
    雛形に倣うだけでなく、個々の契約におけるリスクを自ら抽出し、それを適切に表現する能力も育成します。
目次
目 次

≪総論≫

I.はじめに…3
 1.実務から学ぶ法とは…3
 (1)法律実務家の仕事とは…3
 (2)実務から法を学ぶとは…3
 2.実務家に求められる能力…4
 (1)法律実務家としての基本的素養…4
 (2)全知全能的な能力…5
 3.法科大学院等で求められるのは…6
 (1)実務と理論の架橋…6
 (2)実務における契約法…6
 4.法律文書作成の目的…7
 (1)事例の重要性…7
 (2)本書の目的…8
 (3)本書の利用の仕方…9
 (4)法科大学院等で

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 契約実務と法 リスク分析を通して
  • 契約実務と法 リスク分析を通して

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中