ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 白洲次郎と白洲正子 乱世に生きた二人

  • 白洲次郎と白洲正子 乱世に生きた二人

白洲次郎と白洲正子 乱世に生きた二人

  • ページ数
    85,58p
  • ISBN
    978-4-10-303753-8
  • 発売日
    2008年09月

3,000 (税込:3,240

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • お互い、自ら信じた道に妥協はしない。風のように、韋駄天のごとく、激動の時代を駆け抜けた―日本の命運を握った次郎、美の本質を見極めた正子、それぞれの生き方と流儀に迫る待望のヴィジュアル愛蔵版誕生。
目次
白洲正子―美の世界(戦国乱世に咲いた花
末法の世に浄土を願う
草創期の勢い)
武相荘開館七年 時を経て想う、父次郎と母正子
白洲次郎―プリンシプルのある人生(オイリー・ボーイの英国時代
従順ならざる唯一の日本人、ジロー・シラス
真のカントリー・ジェントルマン
次郎流ダンディズム)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

お互い信じた道に妥協はしない。風のように、韋駄天のごとく、激動の時代を駆け抜けた稀有な夫妻、それぞれの生き方と流儀に迫る。

ページの先頭へ

閉じる

  • 白洲次郎と白洲正子 乱世に生きた二人
  • 白洲次郎と白洲正子 乱世に生きた二人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中