ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • リヨンのルイーズ・ラベ 謎と情熱の生涯

  • リヨンのルイーズ・ラベ 謎と情熱の生涯

リヨンのルイーズ・ラベ 謎と情熱の生涯

  • マドレーヌ・ラザール/著 菅波和子/訳 ラザール,マドレーヌ(Lazard,Madeleine)
    フランス十六世紀文学研究者。現在、パリ(ソルボンヌ・ヌーヴェル)大学名誉教授で、「十六世紀研究学会」及び「国際モンテーニュ友の会」の名誉会長。十六世紀の演劇、フェミニスム、ラブレー、モンテーニュ、ドービニェ、ブラントーム…と幅広い領域での研究業績があり、これまでにアカデミー・フランセーズ賞をはじめ、数々の賞を得ている

    菅波 和子(スガナミ カズコ)
    フランス十六世紀文学専攻。日本大学国際関係学部元教授。現在、同学部講師。1977年、東京大学大学院仏語仏文学科博士課程中退

  • ページ数
    322p
  • ISBN
    978-4-89176-695-5
  • 発売日
    2008年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 16世紀フランスの文化都市リヨン。ルネサンス最盛期の只中に、類まれな美貌と知性を兼ね備え、“綱具屋小町”と謳われた才女がいた。現代フランスの碩学が奔放な閨秀作家の実像に迫る異色評伝。
目次
リヨンの風土
綱具屋の家族
謎めいた少女期
マルスとウェヌスの娘
結婚
言葉と愛についての流行の論争
文芸サークルで
新たなサッフォー
痴愚女神と愛の神の諍い
いたずらっぽい観察者
エレジーによる打ち明け話
ソネ、または逆転した役割
不幸な時代を生きた晩年
各時代のルイーズ・ラベ像

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Louise Lab〓,Lyonnaise
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • リヨンのルイーズ・ラベ 謎と情熱の生涯
  • リヨンのルイーズ・ラベ 謎と情熱の生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中