ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 清水正・ドストエフスキー論全集 3 ドストエフスキー『罪と罰』の世界

  • 清水正・ドストエフスキー論全集 3 ドストエフスキー『罪と罰』の世界

清水正・ドストエフスキー論全集 3 ドストエフスキー『罪と罰』の世界

  • 清水正/著 清水 正(シミズ マサシ)
    1949年我孫子市生。日本大学藝術学部文芸学科卒。現在、日本大学藝術学部文芸学科教授。日本大学大学院芸術学研究科教授。所沢校舎で「マンガ論」を担当、つげ義春、浦沢直樹、望月峯太郎、業田良家、白土三平等のマンガ作品を講じている。江古田校舎で「文芸批評論」を担当、ドストエフスキー、宮沢賢治等の作品を講じている。文芸評論家。D文学研究会主宰。日本文芸家協会会員

  • 巻の書名
    ドストエフスキー『罪と罰』の世界
  • ISBN
    978-4-434-12258-3
  • 発売日
    2008年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 謎解きを超えた『罪と罰』論の決定版。今ここに、清水正のドストエフスキー論の真実が明らかになる。
目次
第1部(精神の空白性
精神の跛行と十牛図
初期作品と十牛図
百尺竿頭からの最初の投身
犯行後の軌跡 ほか)
第2部(ルージンをめぐって
ラズーミヒン論―ぶりっこ仮面の“好青年”
『罪と罰』の女性をめぐって
秘教術的「数」の象徴と円環する時間
踏み越えの時と場所 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 清水正・ドストエフスキー論全集 3 ドストエフスキー『罪と罰』の世界
  • 清水正・ドストエフスキー論全集 3 ドストエフスキー『罪と罰』の世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中