ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 世界の食料生産とバイオマスエネルギー 2050年の展望

  • 世界の食料生産とバイオマスエネルギー 2050年の展望

世界の食料生産とバイオマスエネルギー 2050年の展望

  • 川島博之/著 川島 博之(カワシマ ヒロユキ)
    1953年東京に生れる。1983年東京大学工学系大学院博士課程単位取得退学(工学博士)。1983年東京大学生産技術研究所助手。1989年農林水産省農業環境技術研究所主任研究官。1998年東京大学大学院農学生命科学研究科助教授。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科准教授

  • ISBN
    978-4-13-072102-8
  • 発売日
    2008年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,520

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 食か、環境か?食料や石油の価格が大きく変動するなかで、私たちは食とどう関わっていけばいいのか。未来へのカギを握る一冊。
目次
第1部 食料をめぐる現状(土地利用と食料―広い休耕地/増やせる栽培面積
農作物―倍増した穀物生産量/飼料需要が急伸する大豆
畜産物・水産物―50年前の3倍になった食肉生産量/横ばいの漁獲量
バイオマスエネルギー―なって言う林保護との衝突)
第2部 技術革新による変化(窒素肥料―単収増加の立役者/深刻化する環境汚染
農民と土地―減少する農業人口/貧しい世界の農民
食料貿易と自給率―西洋が輸出、東洋が輸入/多くの国で低下する自給率)
第3部 2050年の展望(資源と農業生産―資源は不足していない
国、地域別の分析―穀物の大量輸入国にならない中国/食料供給基地となるブラジル
食料生産の未来―バイオマスエネルギーとの競合は起きない)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

世界の食料生産、供給、貿易などの現状を、世界銀行などのデータに基づいて網羅的に分析。近未来の食料と環境について展望していく。

ページの先頭へ

閉じる

  • 世界の食料生産とバイオマスエネルギー 2050年の展望
  • 世界の食料生産とバイオマスエネルギー 2050年の展望

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中