ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち

  • 脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち

脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち

  • スラヴォミール・ラウイッツ/著 海津正彦/訳 ラウイッツ,スラヴォミール(Rawicz,Slavomir)
    1915年、ポーランドに生まれる。大学で建築学を修めたのち、ポーランド陸軍騎兵隊中尉として侵攻してくるドイツ軍と戦う。1939年、ソ連軍の捕虜となり、強制労働25年の刑を受ける。1941年、西シベリアの第303収容所に送られるが脱走し、1年余りかけてインドに逃れた。第2次世界大戦末期にイギリスに渡り、同国の女性と結婚。2004年、88歳で波乱に満ちた生涯を閉じた

    海津 正彦(カイツ マサヒコ)
    1945年、東京・八王子に生まれる。早稲田大学政経学部卒業。翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス N-ラ1-1
  • ページ数
    449p
  • ISBN
    978-4-86332-924-9
  • 発売日
    2007年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

840 (税込:907

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • こんな極寒の地でこのまま朽ち果てたくない―第二次世界大戦のさなか、ポーランド陸軍騎兵隊中尉だったラウイッツは無実にも関わらずソ連当局にスパイ容疑で逮捕された。苛烈な尋問と拷問の末、下された判決は25年間の強制労働。そしてシベリアの強制収容所へと送られた。意を決した彼は6人の仲間と収容所からの脱走を計画し、見事成功する。なんとかシベリアの原野を抜け、徒歩で一路南へと移動を始めた彼らだったが、その前途には想像を絶する試練が待ち受けていた!極限状況を生き抜いた男たちの、壮絶なるノンフィクション。
目次
尋問と拷問
判決―二十五年の強制労働
家畜車輌
旅路の果て
鎖の大蛇
死の行進の終わり
第三〇三収容所
救いの手
計画と同志
脱走、一路南へ
湖畔の少女
少女の告白
危機一髪
モンゴル入国
心優しき人々
ゴビ砂漠
新たな犠牲者
灼熱地獄
貧しくとも気高い人々
突然の悲劇
ヒマラヤ越え
雪男
旅の終わり

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:The long walk
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち
  • 脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中