ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ハリウッドの密告者 1950年代アメリカの異端審問

  • ハリウッドの密告者 1950年代アメリカの異端審問

ハリウッドの密告者 1950年代アメリカの異端審問

  • ヴィクター・S.ナヴァスキー/著 三宅義子/訳 ナヴァスキー,ヴィクター・S.(Navasky,Victor S.)
    イェール大学ロースクール修了。ニューヨーク在住のジャーナリストとして一流紙誌に寄稿し、1978年より『ネーション』誌の経営と編集責任者を努める。近年は、コロンビア大学ジャーナリズム・スクールでDelacorte記念教授として教鞭も執っている

    三宅 義子(ミヤケ ヨシコ)
    慶應義塾大学経済学科卒業。カリフォルニア大学大学院博士課程修了。女性問題をテーマにして雑誌編集と執筆に携わったのち、1994年より山口県立大学国際文化学部教授。専攻は、女性学・ジェンダー研究。著書に『女性学の再創造』(2002年、ドメス出版。2003年度山川菊栄賞受賞)他

  • ISBN
    978-4-8460-0683-9
  • 発売日
    2008年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

5,800 (税込:6,380

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1950年代、アメリカ、ハリウッド。マッカーシズム吹き荒れるアカ狩りの時代、証人として出頭した者は情報提供者となるよう迫られる。思想と生活のなか「転向」という永遠のテーマのもとで、彼らはいかに良心との葛藤に苦慮したのか。マッカーシズムに関して一級の“資料”として名高い「Naming Names」ついに翻訳なる。
目次
序論 情報提供者は愛国者である(スパイ活動の情報提供者
陰謀を暴露する情報提供者
リベラル派の情報提供者)
1 名前の売りわたし(ハリウッドのHUAC(下院非米活動委員会)
協力者たち
傍観者たちの罪)
2 栄光と烙印(エリア・カザン―沈黙の言い分
それぞれの理由
理由の検証
貶めの儀式)
3 被害者たち(狙いうちされた被害者
被害者としての共同体
被害者としての情報提供者)
4 教訓(「許し」という問題
「権威への追従」という問題
「公正さ」という問題)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Naming names 原著第3版の翻訳
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ハリウッドの密告者 1950年代アメリカの異端審問
  • ハリウッドの密告者 1950年代アメリカの異端審問

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中