ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 時速250kmのシャトルが見える トップアスリート16人の身体論

拡大

  • 時速250kmのシャトルが見える トップアスリート16人の身体論

時速250kmのシャトルが見える トップアスリート16人の身体論

  • 佐々木正人/著 佐々木 正人(ササキ マサト)
    1952年北海道生まれ。教育学博士。現在、東京大学大学院情報学環・教育学研究科教授。生態心理専攻

  • シリーズ名
    光文社新書 361
  • ISBN
    978-4-334-03464-1
  • 発売日
    2008年07月

740 (税込:799

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • スポーツを論じるには二つの語り方がある。一つはアスリートの身体に焦点を当て、どのスポーツにも通じるようなボディとマインドのコントロールを中心に語る方法。今までのスポーツの論じられ方と言えば、大部分がこれだった。もう一つは、アスリートの身体を取り巻く「環境」に焦点を当てる語り方。例えば、陸上選手にしか語れない「地面」、水泳選手にしか語れない「水」を中心化する語り方である。本書では「スポーツの環境」に焦点を当て、生態心理学で「アフォーダンス」と呼ばれる「環境」の意味に、第一人者である著者が、北京五輪に出場する“オグシオ”潮田をはじめアスリート16人のインタビューを通じて肉薄する。
目次
エリア―身体の延長しているところ、一瞬で知覚する広さ(潮田玲子・バドミントン―空間を20分割して、シャトルを打つ!
名波浩・サッカー―ゴールへの完璧なパスコースが光り輝く
松下浩二・卓球―騙しあいの格闘技…卓球競技の本質)
地面―疾走を支える外部エンジン(朝原宣治・100m陸上―100mを10秒台で走るとはどういうことか
鈴木亜久里・F1―F1ドライバーが見ている時速300kmの世界
堀井学・スピードスケート―スケート選手は氷をどう捉えているのか
皆川賢太郎・アルペンスキー―ポールは“縦への落下”でクリアする)
空気―情報の埋め込まれた周囲(鹿島丈博・体操―宙返り、離れ技、高難度…体操競技の本質
澤野大地・棒高跳び―コンディションのいい日はポールが柔らかい
船木和喜・スキー・ジャンプ―ジャンプは、飛ばずに「風」に乗る)
水―硬軟、形、千変万化の環境(寺内健・飛び板飛び込み―踏み切った瞬間、「入水ルート」が見えてくる
武田大作・ボート競技―水と喧嘩せずにボートに従う
武田美保・シンクロナイズド・スイミング―水面の硬さは、演技によって障子紙にもシルクにもなる)
力―「隙」、「道」…直感で把握するタイミング(吉田沙保里・レスリング―“隙間”ではなく隙“動き”。そこがタックルの「入り口」
野村忠宏・柔道―相手の股下に背負い投げへの「道」が見える
友綱親方・相撲―大相撲で闘うとはどういうことか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 時速250kmのシャトルが見える トップアスリート16人の身体論

拡大

  • 時速250kmのシャトルが見える トップアスリート16人の身体論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中