ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 新西郷南洲伝 下

  • 新西郷南洲伝 下

新西郷南洲伝 下

  • ページ数
    554p
  • ISBN
    978-4-88777-112-3
  • 発売日
    2008年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人よ、西郷隆盛を直視せよ!

    征韓論破裂や西南戦争という明治草創期の日本を激震させた大事件の真相とは! 征韓論争から西南戦争までの事象に絞り、先人達の迫り得なかった、明治の南洲の実像に迫り、ここに証される。

     徳富蘇峰は、まるで現在の日本社会への警鐘のような次の発言をしている。「国民がその国の偉人、その国の豪傑、そういう人々を尊敬し、嘆美し、従って崇拝することの出来る間は、その国民は、まだ血が通っている国民である。 しかしながら、偉人を偉人とせず、豪傑を豪傑とせず、崇拝、嘆美、称讃、欽慕というようなことを、一切除外してしまうような国民になった時には、最早これは済度し難きものであると思います。私は、南洲翁を慕うという国民の心が実に有難い。 こういう心がある間は、日本はまだまだ大丈夫である。これが無くなる時には、恐らくは国が亡びる時と思います。」

     この言葉には日本の戦前と戦後における国民意識の断絶を見ることができる。蘇峰から見れば、戦後の日本国民は血の通わぬ、済度し難き国民に成り果てたということになるのかもしれない。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 新西郷南洲伝 下
  • 新西郷南洲伝 下

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中