ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 東アジアの歴史政策 日中韓対話と歴史認識

  • 東アジアの歴史政策 日中韓対話と歴史認識

東アジアの歴史政策 日中韓対話と歴史認識

  • 近藤孝弘/編著 近藤 孝弘(コンドウ タカヒロ)
    1963年生。名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授。研究分野:国際歴史/政治教育研究

  • ISBN
    978-4-7503-2828-7
  • 発売日
    2008年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,300 (税込:3,630

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日中韓の人々が歴史をどう把握してきたかを,国内・国際政治政策という視点から析出する。(歴史図書総目録より)
目次
第1部 韓国―歴史問題の新たな構成(韓国における「過去事清算」とその政治的ダイナミクス
共有された高句麗の歴史と文化遺産をめぐる論争
韓国における歴史教育政策の変遷
東アジアの歴史教科書問題に思う―韓国国際歴史教科書研究所を率いて)
第2部 中国―社会の変容と歴史教育(改革開放以後の中国における歴史教育―社会の多元化、政治による道具化、そして教育の現実のあいだ
中日の文化関係から見た歴史問題―東アジアにおける平和に向けて何をなすべきか
明治期日本史学と清朝末期における新たなスタイルの歴史教科書―ネーションの叙述をめぐって
加害者と被害者がともに歴史の陰から踏み出すために)
第3部 日本―なぜ過去は克服されないか(歴史認識は如何に国境を越えるのか
戦後日本の歴史政策の諸問題
アジアにおける日本の「歴史問題」―戦後構想と国際政治文脈を比較の視点から
東アジアの歴史問題とヨーロッパの歴史政策
東アジアにおける歴史対話の到達点と課題)
東アジアにおける歴史対話の到達点と課題
資料 東アジア歴史対話関連年表

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

日中韓の人々が歴史をどう把握してきたかを,国内・国際政治政策という視点から析出する。(歴史図書総目録より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 東アジアの歴史政策 日中韓対話と歴史認識
  • 東アジアの歴史政策 日中韓対話と歴史認識

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中