ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 村長ありき 沢内村深沢晟雄の生涯

  • 村長ありき 沢内村深沢晟雄の生涯

村長ありき 沢内村深沢晟雄の生涯

  • 及川和男/著 及川 和男(オイカワ カズオ)
    1933年東京生まれ。現在岩手県一関市在住。24年間の銀行員生活を経て、76年より作家活動。小説・ノンフィクション・児童文学と幅広く活躍中。日本文芸家協会・日本ペンクラブ・日本児童文学者協会・島崎藤村学会会員

  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-8462-0341-2
  • 発売日
    2008年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1961年、1歳未満、60歳以上の医療費を無料化。1962年、全国自治体初の乳児死亡率ゼロを達成。豪雪、貧困、多病多死にあえぐ岩手県沢内村にあって「奇蹟」と呼ばれる生命行政を樹立した深沢晟雄の全生涯。
目次
序章 悲しみの雪
第1章 沢内の子
第2章 戦争
第3章 村への道
第4章 ブルドーザー村長
第5章 苦闘
第6章 生命行政
第7章 道標
第8章 村びとよ
終章 火を継いで

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 村長ありき 沢内村深沢晟雄の生涯
  • 村長ありき 沢内村深沢晟雄の生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中