ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 告白 ある文明史家の精神遍歴

  • 告白 ある文明史家の精神遍歴

告白 ある文明史家の精神遍歴

  • 入江隆則/著 入江 隆則(イリエ タカノリ)
    昭和10年(1935)神奈川県生まれ。京都大学文学部英文科卒業、東京都立大学大学院修了。岩波映画社員、明治大学教授、ロンドン大学東洋・アフリカ学部客員研究員などを歴任。現在、明治大学名誉教授。戦後処理の問題を世界史的文脈で論じた『敗者の戦後』(平成元年、中公叢書、のちにちくま学芸文庫)を引っ提げ、戦後論争の論客に

  • ページ数
    286p
  • ISBN
    978-4-86248-279-2
  • 発売日
    2008年08月

2,700 (税込:2,916

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 私は本書を書くことで、残り少ない人生を心から愉しみたいとおもえるようになった。
目次
「至福」の幼年時代
「秘境」匹見
ピアノと神経症
サルトルかハイデッガーか
ロレンスかエリオットか
岩波映画の二年間
都立大学大学院
愛のなかった結婚
文壇デビュー
大学紛争の中で
ロンドン大学東洋・アフリカ学部
日本文化会議
父と母の晩年
行き交わった人々
オーストラリアの一年
ためらいがちな信仰への道

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

人間はだれしも必ずオギャーと生まれたその場所に帰る。人生の後半に差し掛かったときに気づくのは、そのことだ。公的な生活での順調な思いとは別に私的な生活での判断の誤り、失敗の数々。だが、まぎれもなく、それが著者の本当の姿だ。亡母の溺愛、そして疎開生活での過酷ないじめ。それらが自分の人生にとって、「愛の不能」と「対人恐怖症」をもたらしたことに今さらながら気づく。あらゆるものになれたはずだがこうとしか生きられなかったことを洗いざらい、正直に書いてみよう。「戦前」と「戦後」を生きた保守派論客が赤裸々に綴る痛恨の半生。

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 告白 ある文明史家の精神遍歴
  • 告白 ある文明史家の精神遍歴

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中