ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 食品の創造

  • 食品の創造

食品の創造

  • 安達修二/編 安達 修二(アダチ シュウジ)
    京都大学大学院農学研究科教授(農産製造学、食品生物科学専攻)。1951年兵庫県豊岡市生まれ。1978年京都大学大学院農学研究科博士課程中途退学。1978年京都大学工学部助手。1984年新居浜工業高等専門学校工業化学科助教授。1988年静岡県立大学食品栄養科学部助教授。1990年京都大学農学部助教授。2003年より現職

  • シリーズ名
    生物資源から考える21世紀の農学 第5巻
  • ISBN
    978-4-87698-340-7
  • 発売日
    2008年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,960

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 薬は苦くても良いが食品はそうはいかぬ。大量に供給せねばならないが、「ゴミ」の問題も不可避だ。実に奥深く面白い総合科学の世界。
目次
第1章 酵素による新規な糖質の合成と食品への利用
第2章 21世紀の主食をめざして―発芽玄米の技術開発と機能性
第3章 水産物の色―悪玉色素と善玉色素
第4章 食品製造における汚れと洗浄
第5章 生ごみからプラスチックと燃料を作る―生ごみは宝だ
第6章 おいしい食品を創る
第7章 食による生活習慣病の予防
第8章 食品安全の考え方とレギュラトリーサイエンス

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

商品のおすすめ

作物生産技術は、二つの大問題に直面している―急速な人口増加と、温暖化・水資源の枯渇・富栄養化そして耕地土壌の荒廃といった環境問題だ。我々は、「緑の革命」以上の収量を実現できるのか?同時に、環境を持続させることが出来るのか?遺伝子的アプローチから、水資源利用の新しい形まで、農学の総力を挙げた研究を紹介する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 食品の創造
  • 食品の創造

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中