ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 神さまの森、伊勢

  • 神さまの森、伊勢

神さまの森、伊勢

  • 今森光彦/写真・文 今森 光彦(イマモリ ミツヒコ)
    1954年滋賀県生まれ。写真家。琵琶湖を望む田園風景の中に、アトリエをかまえ、活動する。身近な自然を撮りながら、自然と人との関わりを「里山」という空間概念で追い続ける。一方、熱帯雨林から砂漠まで、各地を訪問し、生物や人などが生きているあらゆる自然の取材を続けている。第20回木村伊兵衛写真賞、第48回毎日出版文化賞、第42回産経児童出版文化賞大賞、第56回小学館児童出版文化賞など、多くの賞を受賞している

  • ISBN
    978-4-09-726284-8
  • 発売日
    2008年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 伊勢の森は神域として人が入れないため自然のままの形で守られている。ヒノキの生命の循環と、森の更新を主軸に、神さまの森を鮮烈な写真でつづる。

    【対象】 
     
    小学校低学年くらい

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 29cm
対象年齢 小学生

商品のおすすめ

まだ見たことのない神さまの森の写真絵本。伊勢神宮が誕生して以来2000年間、神域として守られてきた照葉樹の森があります。人が入ることを禁じられた聖域、神々がすむ神域として手つかずの自然が残っています。深く広い照葉樹の森の中に、ぽつぽつと姿を現す強大なヒ キたち。20年おきに行われる式年遷宮のためのヒ キをはぐくむ森は、江戸時代に、燃料として過剰に伐採されて、その生態系を著しくくずしてしまいました。現在、野生のヒ キを復活させるため、200年をかける森再生プロジェクトが動きだしています。この写真絵本は、写真家、今森光彦氏が、伊勢神宮から特別の許可を得て2年間かけて撮り下ろし、初めて公開される伊勢の森の姿です。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

科学絵本を探している時にふと見つけたのがこの本で、式年遷宮のあった今年だからぜひ読んでおきたいと思いました。「暖かく湿った伊勢の森では、木が朽ちるのがはやく、20年ごとにいっせいに社を建てかえなければなりません」という記載で、式年遷宮がなぜ行われるのかがわかりました。普段は撮影の許されない言わば聖域とも言える場所にカメラが入り写しだされたその森を見ていると神聖な気持ちになります。写真を眺めているだけでも癒される気持ちになりました。式年遷宮でにぎわった今年に出版されていたのかと思ったら、2008年の出版で広くこの本の存在を知らせたい気持ちになりました。(はなびやさん 40代・愛知県○市 男の子12歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 神さまの森、伊勢
  • 神さまの森、伊勢

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中