ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 町人学者 産学連携の祖浅田常三郎評伝

  • 町人学者 産学連携の祖浅田常三郎評伝

ポイント倍率

町人学者 産学連携の祖浅田常三郎評伝

  • 増田美香子/編 板倉哲郎/〔ほか著〕 板倉 哲郎(イタクラ テツロウ)
    1926年10月、長野県生まれ。1952年3月、旧制第18回生として大阪大学理学部物理学科(淺田浅田研・光学)卒。同年、大学院生として浅田研・放射線照射研究へ。1956年、関西電力(株)入社。その後1年間、大学院生として浅田研在籍。1976年、日本原子力発電(株)敦賀発電所長。1989年、同社常務取締役・技術開発本部長。1993~2000年同社最高顧問・技術顧問

    更田 豊治郎(フケタ トヨジロウ)
    1930年2月、上海生まれ。1953年3月、新制第1回生として大阪大学理学部物理学科(浅田研・ベータトロン室)卒。1957年1月、大阪大学大学院理学研究科博士課程中退。日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)入所。1989年1月、同研究所副理事長。1933年4月、(財)原子データセンター(現・高度情報科学技術研究機構)理事長。1977年7月、(財)環境科学技術研究所会長。2000年6月、(財)日本海洋科学振興財団理事長

    住田 健二(スミタ ケンジ)
    1930年8月、大阪府生まれ。1953年3月、新制第1回生として大阪大学理学部物理学科(浅田研・物性室)卒。1975年8月、大阪大学工学部原子力工学科教授。1993年12月、原子力安全委員会委員。1998年6月、同委員会委員長代理。2000年5月、(社)日本原子力学会会長。2002年8月、(財)原子力文化振興財団・副理事長

    北川 通治(キタガワ ミチハル)
    1932年9月、兵庫県生まれ。1958年3月、新制第6回生として大阪大学理学部物理学科(浅田研・照射室)卒。1963年3月、大阪大学理学部大学院博士課程修了。1964年、大阪府立放射線研究所、総括研究員、第1部長。1990年、大阪府立大学教授、先端科学研究所所長。1996年、(社)大阪ニュークリアサイエンス協会顧問

    岡田 健(オカダ ケン)
    1935年2月、山口県生まれ。1958年、新制第6回生として大阪大学理学部物理学科(浅田研・ベータトロン室)卒。1962年~1964年、パリ大学理学部留学、浅田調査団に随伴。1980年、(株)神戸製鋼所原子力エンジニヤリング部長(初代)。1990年、同社理事・鉄鋼生産本部長代理。1995年、神鋼リサーチ…

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-620-31874-5
  • 発売日
    2008年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ソニーの危機を3度救った、盛田昭夫の恩師。被爆直後の広島を調査し、戦後、産業界と学界に数多くの逸材を輩出した阪大の名物教授。「それ、なんでだんねん?」が口癖のコテコテ大阪弁物理学者、初の評伝。
目次
序章 物理学で産学連携
第1章 兄と師・長岡半太郎
第2章 大阪帝国大学創設
第3章 実験物理の教室
第4章 国を守る科学
第5章 日本の原爆開発
第6章 シンジンナルコウリョヲキボウス
第7章 戦後の再出発
第8章 淺田に訊け!
第9章 庶民派物理学者
終章 晩年

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

日本ベンチャーの祖、故浅田常三郎の生涯とソニー創業者の盛田昭夫氏ら弟子たちとのかかわりを描く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 町人学者 産学連携の祖浅田常三郎評伝
  • 町人学者 産学連携の祖浅田常三郎評伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中