ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 風の大地 40

  • 風の大地 40

風の大地 40

  • シリーズ名
    ビッグコミックス
  • 巻の書名
    風の呼吸
  • ページ数
    178p
  • ISBN
    978-4-09-186540-3
  • 発売日
    2006年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

505 (税込:545

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 鹿沼CCにすごい男が現われた。沖田圭介が、そのずばぬけた才能でプロゴルファーの道をめざす、サクセスストーリー。

    マスターズ3日目。ライバルのクレッグが様々な策を弄してくる中、沖田は小針プロから教わった“棒の球”、そして固い絆で結ばれた友の応援と共に、世界の頂点を目指す!

    マスターズ3日目・11番ホール。競技委員の判定に怒りを露わにしながらも、クレッグは“ルール通り”先に打つことを選択した。すると、自分のボールをマークしようとする沖田に、クレッグから不可解な提案が。「球の下にティを埋め込み、その上にコインを置いてくれ」というのである。さらにそれは、「何かが起きた時に沖田を救済するためのアイデア」と語るクレッグだが、その思惑とは一体…!?(第1話)。
    クレッグ・オーウェンの挑発に乗り、歪んだライを修復をせずに放った沖田の第2打。芝生ごと打ち抜かれたボールは、一直線に左のハザード目がけて飛んでゆく……かと思えたその瞬間、回転を取り戻したボールは見事にグリーン方向に向きを変えた。しかし、球速がまったく落ちないままグリーン上に落ちたボールは、弾みながらハザードへと向かい…!?(第2話)
目次
第1話 あるがまま
第2話 想定外の飛距離
第3話 101人目の男
第4話 風の呼吸
第5話 鹿沼の空
第6話 左足の歪み
第7話 怒りの壁
第8話 地滑り風
第9話 巨人の限界

あわせて買いたい、よく一緒に購入されている商品

商品を選択してください

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル ビッグC
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 風の大地 40
  • 風の大地 40

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中