ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • カチューシャの青春 昭和自分史〈一九五〇-五五年〉

  • カチューシャの青春 昭和自分史〈一九五〇-五五年〉

カチューシャの青春 昭和自分史〈一九五〇-五五年〉

  • 色川大吉/著 色川 大吉(イロカワ ダイキチ)
    1925年、千葉県生まれ。東京大学文学部史学科卒業。東京経済大学名誉教授。専攻は日本近代史、思想史。「民衆史」という新しい分野を拓くとともに、「自分史」を創語し、その運動を提唱。また、水俣病事件や広く市民運動にもかかわる一方、30年にわたりシルクロードやチベットを踏査

  • ページ数
    287p
  • ISBN
    978-4-09-626085-2
  • 発売日
    2005年12月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 敗戦直後、中学教師を辞め上京、演劇活動にあけくれ、朝鮮戦争下、戦後民主化から逆コースへ急転回する時代の流れと葛藤しながら、ひたむきに生きた、著者20代の青春譜。
目次
第1章 朝鮮戦争前夜(一九四九‐五〇年)(逆コースの荒波に
ある工作者の独白)
第2章 カチューシャの青春(一九五一‐五二年)(劇団研究生となって
新演を創立したが)
第3章 懐かしい人びとは逝く(一九五三‐五五年)(かけがえのない友の死
さようならわたしの新劇
憎んで、愛す)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

朝鮮戦争下の時代をひたむきに生きる青春像。『廃墟に立つ―昭和自分史一九四五―四九年』(05年8月刊)につづく、谷一郎という青年をとおして描く、著者二十代後半の青春譜。一九四九年、山村での中学教師をやめて上京、新協劇団研究所に入り演劇活動にあけくれる。だが、朝鮮戦争にむかい、時代の流れは戦後民主化から逆コースへと急転回してゆく。谷青年はようやく得た仕事をしつつ、演劇活動と反戦・反体制活動を精力的にこなしてゆくが、公安に尾行され、ついには逮捕も経験することになる。しかし、暗い時代とはいえ、職を得、演劇という活動の場を見いだした彼は、「おーい、みんな、おれはこうして生きて楽しんでいるぞ、と死んだ友人たちに叫びたかった」と語るように、ふたたび訪れた青春をひたむきに生きる。

ページの先頭へ

閉じる

  • カチューシャの青春 昭和自分史〈一九五〇-五五年〉
  • カチューシャの青春 昭和自分史〈一九五〇-五五年〉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中