ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 三島由紀夫と大岡昇平 一条の道

拡大

  • 三島由紀夫と大岡昇平 一条の道

三島由紀夫と大岡昇平 一条の道

  • 平松達夫/著 平松 達夫(ヒラマツ タツオ)
    1950年生まれ。早稲田大学第二文学部卒業

  • ページ数
    226p
  • ISBN
    978-4-02-100140-6
  • 発売日
    2008年03月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大岡昇平は、なぜ三島由紀夫の葬儀に行かなかったのか?戦争と戦後。二人の作家の軌跡は微妙に触れ合い、交錯し、そして…。数々の「定説」を、新旧の史料を博捜して緻密に検証し、日本社会の実像を描ききる力作長編。
目次
一九七一年一月二十四日
昭和二十年一月二十五日
「年譜」
敗戦
学生と八月十五日
「盗賊」
「俘虜記」と「仮面の告白」
鉢の木会
失敗と停滞
六〇年安保
立ち上がる死者
自決まで
神奈川近代文学館
三島由紀夫と大岡昇平

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 三島由紀夫と大岡昇平 一条の道

拡大

  • 三島由紀夫と大岡昇平 一条の道

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中