ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ももたろう   8

  • ももたろう   8

ももたろう   8

  • シリーズ名
    ビッグコミックス
  • ISBN
    978-4-09-182348-9
  • 発売日
    1993年10月

485 (税込:524

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 観客の前で手に汗握る大相撲を取ることを夢見る百田桃太郎。相撲にはめっぽう強いが、美人を見るといてもたってもいられず“お願い”しちゃう彼の行動は、伝統と格式を重んじる大相撲界で大ヒンシュク!

    尾仁乃島の借金返済に役立てるはずの優勝賞金はほとんど罰金で消えてしまった。茫然とする尾仁乃島の人々だが、百田は好成績を認められて大関にまで昇進する。しかし、横綱審議委員会の中心的存在で、政界の長老でもある如月善蔵が登場し、百田を出場させなくするため、重傷を負わせるようヤクザの寸堂に命令。しかし、寸堂は百田の大ファンだった。

    百田の故郷・尾仁乃島では百田の人気にあやかって「ももたろうランド」という一大レジャーランドを建設していた。しかし、昨年の台風の被害で多額の借金を背負ってしまう。初場所での百田の優勝賞金で急場をしのごうと考えた、父・潔と町長らは百田に発破をかける。百田もその期待に応えるため優勝を誓う。一方、夏穂との結婚式を初優勝で飾りたい浜嵐、有泉千穂と秘かにデートを重ね、活力をみなぎらせる花千里も優勝を狙っていた。12日目を迎えても3人は土つかずで全勝を重ね、残り3日でそれぞれ対戦し優勝を争う(第1話)。
    大関に昇進した百田だが、相変らずふざけた土俵態度は直らない。元総理大臣でいまは政界の長老、そして横綱審議委員会の中心である如月善蔵は百田の態度に腹を立て、神無月理事長を訪ねてくる。如月はこのまま百田が横綱になってしまえば、大相撲の伝統が丸潰れになると嘆く。そのうえ、如月の車が轢きそうになった猫を助けるため、百田が車を抱え上げ、道の横を流れていたドブ川に落としてしまう(第4話)。
目次
第1話 借金・罰金・必勝の巻
第2話 巴戦!!の巻
第3話 大熱戦!!の巻
第4話 難敵出現!!の巻
第5話 悪漢・如月!!の巻
 
第6話 寸堂、動く!!の巻
第7話 だいじょうびっぴっぴっ!!の巻
第8話 寸堂の決意!!の巻
第9話 依頼した薬の巻
第10話 浜嵐の不幸の巻

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル ビッグC

ページの先頭へ

閉じる

  • ももたろう   8
  • ももたろう   8

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中