ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 強盗こそ、われらが宿命(さだめ) 上

  • 強盗こそ、われらが宿命(さだめ) 上

強盗こそ、われらが宿命(さだめ) 上

  • チャック・ホーガン/著 加賀山卓朗/訳 ホーガン,チャック(Hogan,Chuck)
    アメリカ・マサチューセッツ州生まれ。ビデオショップで働きながら書いた小説『人質』(講談社文庫)がエージェントの目にとまり、たちまち大手出版社でデビュー。『強盗こそ、われらが宿命』でハメット賞を受賞。ミステリー界での地位を不動のものとした。現在もマサチューセッツ州在住

    加賀山 卓朗(カガヤマ タクロウ)
    英米文学翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス F-ホ7-1
  • ページ数
    392p
  • ISBN
    978-4-86332-915-7
  • 発売日
    2007年09月

740 (税込:799

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 全米一、銀行強盗発生率の高い街であるボストン郊外のチャールズタウン。ここでは強盗は誇り高き家業だ。そんな街で生まれ育ったダグは、幼なじみを率いて、現金強奪をすることに何の疑問も抱いていなかった。だが、ある銀行襲撃をきっかけに、何かが変わった―銀行の女性支店長クレアに恋をしてしまったらしい。深入りできない苦しい恋に悩みながら、次の襲撃の準備を進めるダグ。一方、FBIは着々とダグたち一味に捜査の手を伸ばしていた。加害者と被害者、追う者と追われる者が、クレアを軸にして出会ったとき…。巧みな人物描写とプロットで読ませる、傑作ミステリー。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:Prince of thieves
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 強盗こそ、われらが宿命(さだめ) 上
  • 強盗こそ、われらが宿命(さだめ) 上

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中