ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ポッターマック氏の失策

  • ポッターマック氏の失策

ポッターマック氏の失策

  • オースティン・フリーマン/著 鬼頭玲子/訳 フリーマン,オースティン(Freeman,R.Austin)
    1862~1943、リチャード・オースティン・フリーマン。ロンドン生まれ。1880年にミドルセックス病院付属医科大学に入学し、その後、王立外科医科大学などで働く。デビュー作は、アフリカのガーナに植民地付医師補として赴任した際の探検を本にまとめたTravels and Life in Ashanti and Jaman(1898)。科学者探偵ソーンダイク博士シリーズは、第一作『赤い拇指紋』(1907)をはじめとして、長編21作、短編40作以上を数え、「シャーロック・ホームズのライヴァルたち」の代表格とされている。また、クリフォード・アシュダウン名義の作品もある

    鬼頭 玲子(キトウ レイコ)
    藤女子大学文学部英文学科卒業。インターカレッジ札幌在籍中。札幌市在住

  • シリーズ名
    論創海外ミステリ 77 ホームズのライヴァルたち
  • ISBN
    978-4-8460-0785-0
  • 発売日
    2008年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,420

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 英国の田舎に住む紳士ポッターマック氏。彼の生活は執拗なゆすりに耐える日々だった。意を決した彼は、綿密な計画のもとに犯人を殺害する。完璧とも思える隠蔽工作だったが、その捜査に乗り出したのは科学者探偵ソーンダイク博士だった。ソーンダイクはいかにして見破るのか…。倒叙ミステリの創始者フリーマンによる、緊迫感あふれる名品。レディ・モリー、フォーチュン氏、ノヴェンバー・ジョーに続く、“ホームズのライヴァルたち”第四弾。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Mr.Pottermack’s oversight
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ポッターマック氏の失策
  • ポッターマック氏の失策

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中