ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ママによろしくな 父・菊田一夫のまなざし

  • ママによろしくな 父・菊田一夫のまなざし

ポイント倍率

ママによろしくな 父・菊田一夫のまなざし

  • 菊田伊寧子/著 菊田 伊寧子(キクタ イネコ)
    作曲家。幼少よりピアノを習熟。さらにハモンド・オルガンを今尾敏子氏に学び、長年、碑文谷教会のオルガニストを務める。森村学園高等学校を卒業後、作曲、管弦楽法を鈴木静一氏に、和声、対位法、十二音理論などを清田茂氏に師事して学ぶ。芸術座公演の菊田一夫脚本演出『紅花物語』(水上勉原作)、『とりかえばや秘文』(船橋聖一原作)などの音楽を担当。その他、多くのテレビ番組の音楽などを手がける

  • ページ数
    206p
  • ISBN
    978-4-7740-0389-4
  • 発売日
    2008年04月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 父がくれた最後の言葉が、私を追いかけてくる「ママによろしくな」。『花咲く港』『君の名は』『がしんたれ』『放浪記』―。数々の名作を生み出した劇作家、菊田一夫。その愛娘がつづる、家族にそそがれた“父”のまなざしとは。
目次
第1章 帝国劇場
第2章 父・母
第3章 疎開
第4章 美寧子
第5章 父・娘
第6章 劇団東宝現代劇七十五人の会
第7章 魂のふるさと加津佐

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ママによろしくな 父・菊田一夫のまなざし
  • ママによろしくな 父・菊田一夫のまなざし

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中