ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「日本株式会社」を創った男 宮崎正義の生涯

  • 「日本株式会社」を創った男 宮崎正義の生涯

「日本株式会社」を創った男 宮崎正義の生涯

  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-09-387166-2
  • 発売日
    1995年12月

2,230 (税込:2,408

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 満鉄きってのソ連通で、満州国の計画経済の立案を主導、さらに日本の戦時統制経済の設計図を描いた影の立役者宮崎正義。その生涯を通して、官僚主導の「日本株式会社」の特質と問題点を、原点から問い直す。満鉄きってのソ連通で、石原莞爾に先生といわれた宮崎正義は、満州国の建国にあたってその計画経済の立案を主導、さらに日本に帰国して、戦時統制経済の設計図を描いた影の立役者である。彼が、主唱した「間接金融」「資本と経営の分離」などの官僚統制の手法は、日本的経営システムの根幹をなすものである。「日本株式会社」を創案した人物といっても、過言ではない。宮崎が立案した官僚主導の統制経済体制は、その後、岸信介ら「革新官僚」に引き継がれ、戦時体制を支えることになる。さらに、戦後の日本の復興と高度成長も、その延長線上に築かれたものといえる。本書は、日本屈指の経済戦略家である宮崎正義の初の伝記であり、歴史の表舞台に立たなかったために今まで影に隠れていた宮崎の実像を、中国や旧ソ連の新発掘資料、遺族・関係者の取材などにより、明らかにするものである。戦後50年にあたり、日本的経営システムの限界と問題点が明白になり、経済面での戦前・戦後の連続性の問題が議論の的となっているが、宮崎正義の思想と生涯を知ることは、原点から日本的経営システムの特質に迫ることになる。そして、今後の日本経済を考える際に、重要な手がかりを与えてくれる。
     
目次
「世に隠れたる大人」
金沢の俊才
ロシア留学
ロシア革命の体験
満鉄ロシア・ウオッチャー
宮崎の同盟者・石原莞爾
満鉄経済調査会のキーマンとして
満州国の統制経済のねらい
日満財政経済研究会を率いて
「満州産業開発五カ年計画」の立案
統制経済体制の確立をめざす〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「日本株式会社」を創った男 宮崎正義の生涯
  • 「日本株式会社」を創った男 宮崎正義の生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中