ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 女王陛下の外交戦略 エリザベス二世と「三つのサークル」

  • 女王陛下の外交戦略 エリザベス二世と「三つのサークル」

女王陛下の外交戦略 エリザベス二世と「三つのサークル」

  • 君塚直隆/著 君塚 直隆(キミズカ ナオタカ)
    1967年東京都生まれ。90年立教大学文学部史学科卒業。93~94年英国オクスフォード大学セント・アントニーズ・コレッジ留学。97年上智大学大学院文学研究科史学専攻博士課程修了。98年より立教大学、東京女子大学、中央大学非常勤講師、東京大学客員助教授などを経て、神奈川県立外語短期大学教授。専攻はイギリス政治外交史、ヨーロッパ国際政治史

  • ページ数
    365p
  • ISBN
    978-4-06-214566-4
  • 発売日
    2008年03月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 史上最高の「外交官」、その名はエリザベス在位56年、訪問国延べ325カ国。アメリカ、ヨーロッパ、旧植民地のバランスの上に国益を巧みに維持してきた女王の姿を追い、王室外交、君主外交の要諦を説く
目次
プロローグ 王室外交とはなにか
第1章 女王陛下と大統領―英米の“特別な関係”のなかで
第2章 コモンウェルスの首長―南北世界の架け橋
第3章 ヨーロッパ王室の支柱―EU統合と女王の立場
第4章 「ジョージ七世」の新たなる挑戦―チャールズ皇太子と新世代の王室外交
エピローグ 皇室外交へのひとつの示唆

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

在位56年、訪問国延べ325カ国。アメリカ、ヨーロッパ、旧植民地のバランスの上に国益を巧みに維持してきた女王の姿を追い、王室外交、君主外交の要諦を説く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 女王陛下の外交戦略 エリザベス二世と「三つのサークル」
  • 女王陛下の外交戦略 エリザベス二世と「三つのサークル」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中