ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ファウジーヤの叫び 上

  • ファウジーヤの叫び 上

ファウジーヤの叫び 上

  • F.カシンジャ 他 大野 晶子 カシンジャ,ファウジーヤ(Kassindja,Fauziya)
    1977年、西アフリカのトーゴ共和国に生まれる。部族の習慣である一夫多妻制と女性性器切除に抵抗して国外逃亡。アメリカに渡るが、16か月に及ぶ拘禁生活を余儀なくされる。96年6月に命亡が認められ、現在はヴァージニア州アレクサンドリア、およびニューヨーク市マンハッタンに在住

    バッシャー,レイリ・ミラー(Bashir,Layli Miller)
    1972年、ジョージア州アトランタ生まれ。ロー・スクール在学中にファウジーヤを知り、その弁護、救援活動に携わる。現在はワシントンDCで弁護士活動を行うかたわら、タヒレイ・ジャスティス・センターの開設者として、女性の人権擁護促進と、移民女性の保護に尽力している。ヴァージニア州在住

    大野 晶子(オオノ アキコ)
    成城大学文芸学部卒。英米文学翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックスN カ   1- 1
  • ISBN
    978-4-86332-634-7
  • 発売日
    2001年11月

700 (税込:756

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アフリカ西海岸、トーゴ共和国―幸せだった少女ファウジーヤの人生は、愛する父の死によって一変した。“カキア”と呼ばれる部族の秘儀から逃れた彼女は、亡命を望んで、単身アメリカに渡る。しかし、そこで彼女を待ち受けていたのは、悪夢のような監獄での生活だった。女性性器切除(FGM)を拒否して母国を捨てたファウジーヤは、異国の地で幾多の迫害や苦痛を乗り越えて、自由を勝ち取るために闘っていく。波乱に満ちたその体験を、自らの言葉で語った渾身のノンフィクション。
目次
監獄のなか
懐かしき故郷パリメ
愛する両親
カシンジャ一家の幸福な日々
父のお気に入り
大切なもの、それは家族と信仰
よきイスラムの娘
姉の婚礼
不和
悲劇
悪夢のはじまり
突然の結婚式
逃亡
ひとりぼっちのドイツ
ドイツからアメリカへ
わたしの恩人
アメリカ入国審査
エスモア強制収容所
ボウマン弁護士
収容所の仲間たち

商品詳細情報

フォーマット 文庫

ページの先頭へ

閉じる

  • ファウジーヤの叫び 上
  • ファウジーヤの叫び 上

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中