ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 闘わなかった兵士、闘った法律家 ある公害事件裁判長の弁明

拡大

  • 闘わなかった兵士、闘った法律家 ある公害事件裁判長の弁明

闘わなかった兵士、闘った法律家 ある公害事件裁判長の弁明

  • 宮崎啓一/著 宮崎直樹/編 宮崎 啓一(ミヤザキ ケイイチ)
    1920(大正9)年10月7日徳島市で生まれる。1942(昭和17)年4月1日京都帝国大学法学部入学。1944(昭和19)年9月30日同校卒業。1948(昭和23)年12月16日高等試験司法科試験に合格。1949(昭和24)年3月31日大阪地方検察庁を退職。1949(昭和24)年4月1日司法修習生となる。1951(昭和26)年3月31日司法修習を終える。その後、裁判所勤務を長く続ける。1990(平成2)年11月9日東京弁護士会に弁護士登録。2000(平成12)年9月30日弁護士登録を取消。2005(平成17)年11月17日山田京二牧師により病床受洗。2006(平成18)年6月13日未明永眠

    宮崎 直樹(ミヤザキ ナオキ)
    1954年福岡生まれ。中央大学理工学部中退。広告制作会社を経てフリー。広告・PR誌等の企画制作。92・93年海外版画展に入選。目下クロスオーバー気味に活動

  • ページ数
    208p
  • ISBN
    978-4-7733-7568-8
  • 発売日
    2008年05月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 少々型やぶりだった裁判官の回想とコラム、裁判報道と解説、豊富な注・引用から浮かびあがるもう一つの昭和の記憶―。
目次
第1部 闘わなかった兵士、闘った法律家(僕が体験した戦争―ある学徒兵の2年半
抑留生活の想い出
新潟水俣病裁判第1次訴訟
70歳の弁護士デビュー)
第2部 シロウトが読む新潟水俣病裁判判決(事実
理由)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

父はなぜ最晩年に「新潟水俣病裁判の判決なんてクダラナイ!」と自らの裁判長としての足跡を否定する叫びを残したのか。謎を追う旅。

ページの先頭へ

閉じる

  • 闘わなかった兵士、闘った法律家 ある公害事件裁判長の弁明

拡大

  • 闘わなかった兵士、闘った法律家 ある公害事件裁判長の弁明

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中