ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人と魚の自然誌 母なるメコン河に生きる

拡大

  • 人と魚の自然誌 母なるメコン河に生きる

人と魚の自然誌 母なるメコン河に生きる

  • 秋道智弥/編 黒倉寿/編 秋道 智彌(アキミチ トモヤ)
    1946年京都府生まれ。東京大学大学院理学系研究科人類学博士課程修了。現在、総合地球環境学研究所・副所長。理学博士。専攻は生態人類学、民族生物学

    黒倉 寿(クロクラ ヒサシ)
    1950年東京都生まれ。東京大学大学院農学系研究科水産学専門課程博士課程修了。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科教授。農学博士。専攻は水産学、国際開発学

  • ISBN
    978-4-7907-1324-1
  • 発売日
    2008年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,530

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • チベットに源を発し、インドシナ半島を貫く母なる大河。そこには1センチに満たないコイの仲間から、3メートルにもなるオオナマズまで、1200種を超える魚が棲むという。そんな魚たちと、人はどのような関係を築いてきたのか。最新の調査をふまえてあざやかに描く。
目次
第1部 魚と暮らす(平野の暮らしと魚―ラオス・ビエンチャン平野の村から
湖の人と漁業―カンボジアのトンレサープ湖から
鵜飼漁の生態史―中国雲南省大理・〓(じ)海の事例
メコンの柴漬漁
都市の暮らしと魚のすみか―住宅地のなかの池の利用)
第2部 魚を食べる(小規模養殖と人びとのかかわり―ラオス北部の養殖事情
魚食とその変容―ラオス中南部農村地域の事情
淡水魚と寄生虫―ベトナムの有畜複合養殖システムを事例に
海産物消費と食の安全―ラオス・ビエンチャン市における海産物消費動向)
第3部 魚を守る(魚類の多様性と保全―ナギナタナマズの研究から見えてきたこと
トンレサープ湖の水産資源と管理―水産資源管理の目的と課題について
北タイ・イン川の漁場管理のロジック―天の恵みと人の恵み
資源管理とメコン開発―メコンオオナマズをめぐって
途上国における水産養殖普及―ラオスプロジェクトを事例に)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

チベットに源を発し、インドシナ半島を貫く母なる大河。魚と人は、どのような関係を築いてきたのか。新たな調査からあざやかに描く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 人と魚の自然誌 母なるメコン河に生きる

拡大

  • 人と魚の自然誌 母なるメコン河に生きる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中