ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ゆっくり雨太郎捕物控 1

  • ゆっくり雨太郎捕物控 1

ゆっくり雨太郎捕物控 1

  • 多岐川恭/著 多岐川 恭(タキガワ キョウ)
    本名・松尾舜吉、1920年福岡県生まれ。東京帝国大学経済学部卒業後に毎日新聞社へ入社。勤務するかたわら、「白家(しらが)太郎」の筆名で小説を書く。53年に推理小説専門誌「宝石」に『みかん山』が佳作入選し、デビュー。初の長篇「氷柱」が58年に第39回直木賞候補となる。同年、『濡れた心』で第4回江戸川乱歩賞を受賞。さらに短篇『落ちる』『笑う男』『ある脅迫』の三本で第40回直木賞を受賞。戦後初のミステリーの直木賞受賞作となった。以降、広いジャンルで作品を発表、後年は時代物を数多く手がけた。1989年紫綬褒章を授与される。1994年12月に死去

  • シリーズ名
    時代小説文庫 た4-1
  • 巻の書名
    土壇場の言葉
  • ページ数
    390p
  • ISBN
    978-4-270-10181-0
  • 発売日
    2008年04月

700 (税込:756

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 町方同心雨太郎は体がすぐれないのをいいことに定廻役を離れている。ある日境内で若い同心が落ち込んでいる。聞くと罪人の首を斬る瞬間に「おやすを殺したのは、おれじゃないぜ」と言ったという。若い同心は無実の人間を裁いたのか。どうする!ゆっくりの旦那?「土壇場の言葉」など、十八篇。江戸情緒が漂う時代推理小説。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ゆっくり雨太郎捕物控 1
  • ゆっくり雨太郎捕物控 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中