ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 運命峠 2

  • 運命峠 2

運命峠 2

  • 柴田錬三郎/著 柴田 錬三郎(シバタ レンザブロウ)
    1917年、岡山県生まれ。慶應義塾大学支那文学科卒業。在学中より「三田文学」に現代短篇小説を発表。戦後、「書評」の編集長を経て、創作に専念する。1951年、『イエスの裔』で直木賞を受賞。以降、時代小説中心に創作活動を展開。1956年からスタートした『眠狂四郎無頼控』は一大ブームとなった。創作のみならず雑誌・テレビなどのメディアでも活躍し文芸界以外でも広く愛され続けた。1978年逝去。享年61

  • シリーズ名
    時代小説文庫 し1-2
  • 巻の書名
    一死一生
  • ページ数
    354p
  • ISBN
    978-4-270-10179-7
  • 発売日
    2008年04月

680 (税込:734

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 徳川磐石の天下、秋月六郎太と豊臣遺児秀太郎には運命の魔手が次々と迫りくる。柳生隠密党、甲賀忍者七兵衛、そして血に飢えた剣鬼・宮本武蔵。「お主にめぐり会うことは、念願のひとつであった!そうだ。秋月六郎太―そうであったな」武蔵と六郎太、そして愛児と別離した盲目の桂宮蓮子。宿命の火花散る第二巻。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 運命峠 2
  • 運命峠 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中