ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • シリーズ脳科学 6 精神の脳科学

  • シリーズ脳科学 6 精神の脳科学

シリーズ脳科学 6 精神の脳科学

  • 甘利俊一/監修 甘利 俊一(アマリ シュンイチ)
    理化学研究所脳科学総合研究センター長。1936年生まれ。1958年東京大学工学部卒業。1963年九州大学工学部助教授。1967年東京大学工学部助教授。1982年同教授。2003年より現職

    加藤 忠史(カトウ タダフミ)
    理化学研究所脳科学総合研究センター。老下・精神疾患研究グループ・ディレクター。1963年生まれ。1988年東京大学医学部卒業。1989年滋賀医科大学附属病院助手。1999年東京大学医学部附属病院講師。2003年より現職

  • 巻の書名
    精神の脳科学
  • 巻の著者名
    加藤忠史/編
  • ISBN
    978-4-13-064306-1
  • 発売日
    2008年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,520

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • うつ病、PTSD、ナルコレプシー、トゥレット障害…。精神疾患の不思議な症状が、脳のはたらきと精神の深層を照らし出す。脳が織りなす精神の不思議。
目次
第1章 総論―精神疾患からこころの深層に迫る脳科学のアプローチ
第2章 人格・行動の変化と前頭葉損傷
第3章 トゥレット障害―「随意」と「不随意」の間
第4章 快情動と依存
第5章 統合失調症―「分子」と「精神」の間
第6章 うつ病と神経可塑的変化
第7章 双極性障害―脳にとって、気分とは何なのか?
第8章 PTSDと解離性障害にみる記憶と自己の多重性―消せない現在、見失われた過去
第9章 ナルコレプシーと睡眠制御機構

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

脳科学の到達点を体系的にまとめるシリーズの第1回配本。急速に進展しつつある精神疾患の研究の最前線を紹介する。

ページの先頭へ

閉じる

  • シリーズ脳科学 6 精神の脳科学
  • シリーズ脳科学 6 精神の脳科学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中