ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 俺が子どもだったころ

  • 俺が子どもだったころ

俺が子どもだったころ

  • 本多勝一/著 本多 勝一(ホンダ カツイチ)
    1931年信州・伊那谷生まれ。ジャーナリスト。朝日新聞記者をへて現在『週刊金曜日』編集委員

  • ページ数
    134p
  • ISBN
    978-4-02-250410-4
  • 発売日
    2008年03月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦前の長野県伊那地方。家族・親族と友人たち…。戦後を代表するジャーナリストが幼き日々をふりかえる。
目次
出自
「坊や」
最初の友人―虫たち
初めての旅
騙されそうな顔
ドイツ鯉
よねちゃ
二人のおばあちゃ
オイベッサマ
『つづりかた帳』
妹の死

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

戦後史に残る新聞記者として名高い著者が、冷静なジャーナリストの視点から自らの軌跡を分析・記述していく。

ページの先頭へ

閉じる

  • 俺が子どもだったころ
  • 俺が子どもだったころ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中