ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 出版社と書店はいかにして消えていくか 近代出版流通システムの終焉

  • 出版社と書店はいかにして消えていくか 近代出版流通システムの終焉

ポイント倍率

出版社と書店はいかにして消えていくか 近代出版流通システムの終焉

  • 小田光雄/著 小田 光雄(オダ ミツオ)
    1951年静岡県生まれ、出版業に携わる

  • ISBN
    978-4-8460-0773-7
  • 発売日
    2008年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,200

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 再販=委託制に基づく近代出版流通システムは明治期よりどのように形成され、成長したのか?多くの資料を読み解き、その歴史と現在の崩壊過程を克明にたどり、危機の構造を立体化する。
目次
第1章 出版社・取次・書店の危機(出版業界で何が起きているか?
「過剰消費社会の臨界点」「書店バブル崩壊の危機」の論点 ほか)
第2章 近代出版流通システムの誕生・成長・衰退(出版業界の現在をどうとらえるか?
取次の実態と情況―「世界最高のシステム」と「どんぶり勘定」 ほか)
第3章 出版社・取次・書店はどうなるのか(近代読者から現代読者へ
「読書社会」の崩壊 ほか)
第4章 過剰消費社会の臨界点
第5章 検証・近代出版流通システムの臨界点(出版社・取次・書店という近代出版流通システム
返品の始まりから委託・再販制へ ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 出版社と書店はいかにして消えていくか 近代出版流通システムの終焉
  • 出版社と書店はいかにして消えていくか 近代出版流通システムの終焉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中