ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アプサラス   1

  • アプサラス   1

アプサラス   1

  • シリーズ名
    ヤングサンデーコミックス
  • ISBN
    978-4-09-152491-1
  • 発売日
    2000年11月

505 (税込:545

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • それを持つ者に好運をもたらす…伝説賽(さい)・アプサラスシックスをめぐる、愛と勇気物語。知られざる博奕(ばくち)世界をぞいてみませんか…!…

    翔の持っている賽を見た兆治は、それが賭博の女神・アプサラスの名を冠した幻のサイコロであることに気がついた。その賽を持つ者には女神が微笑むという伝説を知っていた兆治は、翔にチンチロリンを指南。翔に確かな運があることを確認する。そして兆治は、シンちゃんの父親を助けるため、翔を連れて賭博場「CLUBCUBE」に乗り込んだ。イカサマ師たちが渦巻く鉄火場で、翔と兆治の正義のための闘いが始まる

    17年前、託児所の前に男の子が捨てられていた。その小さな手に握られていたのは、二の目に一匹の虎が坐る古びた賽(さい)。遥か昔のインドで祈りをこめて造られた、摩訶不思議な象牙の賽である。現在高校生になった翔は、放課後、託児所「ニコニコ園」で働いている。ある日、そのニコニコ園で小さなトラブルがあった。園に通っている子・シンちゃんの母親が迎えにこないのだ。聞けば父親がギャンブルにはまり、返済のため母親が懸命に働いているらしい。そのギャンブルは、サイコロ賭博のチンチロリン。孫のミナコからその話を聞いた兆治は「カタギの遊びじゃねえなぁ」と心配する(第1話)。
目次
第1話 そいつぁ虎だぜ!!
第2話 見せてもらおうじゃねえか。
第3話 あの人達ズルしてる。
第4話 約束したんだ。
第5話 翔に乗りっ!!
第6話 おアシはつくんでしょうね。
第7話 面白いことを言うねえ。
第8話 なんとなく…かな!?

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル ヤングサンデーC

ページの先頭へ

閉じる

  • アプサラス   1
  • アプサラス   1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中